副業で未経験ながらWebライターを1か月やってみた結果【稼ぐ手順を解説】

副業で未経験ながらライターを1ヶ月やってみた結果【稼ぐ手順を解説】

今回は副業で未経験ながらWebライターを1か月やってみた結果について記事を書いていきます!

これからWebライターをはじめようかなという人の参考になればなと思います。

この記事で分かること
  • Webライター未経験者が副業でいくら稼げるのか
  • Webライター未経験者が副業で稼いだ手順
  • Webライター未経験者が副業を1か月やってみたリアルな感想
ライ
私は月の残業が50時間オーバーで土曜出勤もバリバリあるちょいブラックな施工管理です。

スキマ時間や朝の時間を使い、副業としてこのブログやWebライターをしています。
Webライターとしてはまだ1ヵ月ですが、初月からおこづかい程度は稼げました。

 

さっそく結論ですが

Webライター未経験でも月1万円は稼げます。再現性もかなりあり。

 

月1万円って聞くと少なく感じるかもしれませんが、回転寿司なら5回くらい行けます。

スキルを上げればもっと稼げますし、どこでも出来て初期投資0円で出来るのであれば結構アリかなと。

Webライター未経験の初心者が副業で月1万円稼ぐ手順

Webライター未経験の初心者が副業で月1万円稼ぐ手順

それでは副業でWebライター未経験者が稼ぐための手順を解説していきます。

メインとなる手順は4つです。

  1. クラウドソーシングに登録する
  2. プロフィールや本人確認をする
  3. 案件を探し応募する
  4. テストライティングor記事執筆

基本のこの手順をやるだけで普通に月1万円は稼げます。

 

順番に解説していきましょう。

まず最初はクラウドソーシングに登録していきます。

 

その① クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングって名前は聞いたことあるけど…?
ライ
クラウドソーシングは簡単に言うと「お仕事をしてほしい発注者」「仕事がほしい受注者」のためのマッチングサイトです

 

クラウドソーシングのざっくりした流れです。

クライアント(発注者)さんが「誰かこの仕事やってくれませんかー?」ってなっているのを、我々受注者が「はい!僕にやらせてください!」と手をあげる。

そしてお互いが条件に合意すれば契約成立で仕事をはじめます。
Webライター未経験の初心者が副業で月1万円稼ぐ手順
こんな感じです。なんとなくイメージ湧きましたかね?

 

登録するサイトですが、最初はクラウドワークスランサーズに登録しておけば十分です。

 

僕もこの2つに登録しています。

今のところクラウドワークスしか使っていませんが、それでも仕事は結構ありますよ。

 

他にも様々なクラウドソーシングがあるけど、とりあえずはこの2つでOKです。

他のサイトが気になる方用に一応他のサイトのリンクも貼っておきます。
全て無料ですので、気になる人はとりあえず登録してみるのもあり。

クラウドソーシング【_ist】…手数料半額キャンペーン中(2020年5月12日現在)

ココナラ…TVCMでおなじみ。知名度抜群。

BizseekBizseek手数料が業界最安。

その② プロフィールの充実と本人確認をする

プロフィールの充実と本人確認をするサイトの登録が完了したらプロフィールの登録と本人確認をしていきます。

 

早く仕事受けたいからと手を抜かずにしっかりとプロフィールの充実と本人確認を行いましょう。

 

ここでちょっと仕事をお願いする側になって考えてみてください。

  • Aさん・・匿名でプロフィール写真もなくプロフィールの情報もちょろっとしか書いていない人
  • Bさん・・実名と顔写真でプロフィール欄にも色々と書いている人

あなたならどちらにお願いしたいですか?

絶対にBさんですよね。

なのでプロフィールは充実させましょう。数少ないアピールの場です。
抵抗がなければ実名と顔写真にするのがベストです。信用度が違います。

そう言ってる僕もこのブログと同じアイコンでやってますけどね(^-^;

 

じゃあ具体的に何を書けばいいの?と思いますよね。

次の項目で紹介していきます。

プロフィールに書くこと

プロフィールに書くことをあげました。

  • 自己紹介
  • 職歴
  • 実績(ブログ持っている人はURL)
  • 資格
  • 好きなことや趣味

このあたりですかね。

履歴書をイメージするといいでしょう。
プロフィールは採用してくれるクライアントさんへの数少ないアピールの場です。

 

【職歴】

職歴は今までやってきたことを細かく書くといいです。
さまざまなクライアントさんが居てどこに引っ掛かってくれるか分からないので。

 

【実績】
実績
ブログを持っている人はアクセスや収益が出てなくても、とりあえずURLを貼っておきましょう。
ブログをやっているというだけで有利になります。

理由としてはある程度文章が書ける人だと思ってくれるからです。

なので、これからWebライターをはじめる人はブログも一緒にはじめましょう。
Webライターでお金もらいながらWebライティングについて知識と経験を積んで、ブログに活かしていくのです。

iPadでブログ運営【 パソコンなくてもWord Pressをはじめよう 】
iPadでとなっていますが、パソコンでも同じはじめ方でいけます。

そんなこと言ってもブログ持ってないし実績もないよー

こういった方でも全然大丈夫です。プロフィール内で短い記事を書けばいいのです。

「私はまだ実績がないので〇〇というタイトルで記事を書きました。参考にしていただければと思います。」
このように書いて短い記事を貼っておけばOKです。

これだけで他者との差別化ができますし、あなたのレベルもわかるのでクライアントさんもイメージしやすくなります。

 

【資格】
マイナーな資格でも関係なさそうな資格でもとりあえず書いておきましょう。
これもクライアントさんがどこに興味を抱いてくれるかわかりませんからね。

 

【好きなことや趣味】
好きなことや趣味もどんどん書いてください。
「〇〇のことならめっちゃ語れるぜー」っていうこと1つや2つありませんか?

応募内容に好きなことの項目が絡んでいれば「この人なら深い知識で記事を書いてくれそう」となるので、仕事をもらえる可能性が高まります。

 

さぁここまでプロフィールを充実させたら次の手順にいきましょう。

その③ 案件を探しどんどん応募する

案件を探しどんどん応募する
次は案件を探してどんどん応募していきましょう。

「えっ、もう探すの?なんか勉強とかしないの?」って思う人もいるかもしれません。

大丈夫です。仕事を探しましょう。

もし不安であればいくつかの案件に応募して、返答を待っている間に勉強しておけばOKです。

 

Webライティングに関するおすすめの本も紹介しておきます。
どれも有名どころのブロガーさんたちがおすすめしている本です。

【沈黙のWebライティング】

全ブロガーとWebライターの必読書と言っても過言ではない一冊です。
SEOといってGoogleの検索で上位を取るための知識もつきます。

漫画形式で進んでいくのでとても読みやすいです!
ストーリーとしても面白い。前作として沈黙のWebマーケティングもあります。

【新しい文章力の教室】

月3,000本以上の記事を配信しているニュースサイトの「ナタリー」。
そこで新人研修を行なっていた方が分かりやすく文章の書き方を教えてくれます。

 

【人を操る禁断の文章術】

メンタリストのDaiGoさんの著書です。
「人を操る」なんて言うと少し怖くも感じますが、実践できるようになれば本当に操れるようになるのでは?と思ってしまうほどの内容です。

私は本の中にあった「感情を揺さぶるような文章を書け」というのが刺さっています。

僕も最近全部買って読みましたが文章の質が上がった気がします。
そんなことなかったらすいません(笑)

案件の探し方

案件探しのポイントは3つです。

  1. ジャンルを「ライティング•記事作成」にする
  2. プロジェクト(固定報酬制)にする
  3. 文字単価を0.5円〜にする

上記の3つを入力して気になる案件があったらどんどん応募していきます。

案件の種類

案件の種類には「タスク案件」「プロジェクト案件」があります。

タスク案件はプロジェクト案件と違って応募→契約成立→記事執筆という流れの契約成立部分がありません。
なので誰でも記事を書けます。

誰でもできる分タスク案件はとにかく単価が安く時間を消耗するだけです。

絶対にプロジェクト案件だけに応募していきましょう。

文字単価について

ネットで案件の探し方を調べると
「文字単価1円以上の案件に応募しましょう」というのを良く目にします。

文字単価ってなんですか?
ライ
Webライターは1文字何円という形で計算します。例を出しますね!
1記事2,000文字の場合
文字単価1円  2,000円
文字単価0.5円 1,000円

こう見ると文字単価1円の方ばっかりやりたいですよね。

ただ文字単価1円以上の案件だけ応募していると実績がないのでなかなか受かりません。受かり待ちの時間ばかり出来てしまいます。

その時間がもったいないので、初心者のうちは慣れるため、文章力を上げるためと割り切って文字単価0.5円の案件にも応募した方が良いです。

 

0.5円でもふつうに選考段階で落ちたり、返事がなかったりしますが、始めたときはみんなそうなので安心してください。

 

僕自身も5件送って1件テストに進めるかなーって感じです。
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」精神でいきましょう。

その④ テストライティングや記事執筆

テストライティングや記事執筆契約成立したらメインの記事執筆に入っていきます。

 

クライアントさんによってはマニュアルなどのルールなどがあります。
ある場合はしっかりと熟読してから執筆していきます。

 

マニュアルがない場合は紹介した本で勉強して記事を書いていけば大丈夫です。
分からないところはググったり、クライアントさんに聞いたりして誠実に仕事していきましょう。

 

記事が書き終わったら納品してクライアントさんからOKが出れば終了です。
(修正のお願いがある場合も有)

 

この流れが1件目の報酬をもらうまでの流れです。

2件目の案件からは③〜④を繰り返しでやっていきます。

Webライターで稼いだ具体的な内容を紹介

ここまで紹介した流れで続けてやれば月1万円は余裕で稼げます。

もっと具体的にイメージできるように、作業時間や案件の内容、件数を紹介していきます

作業時間の目安

私は1日に3時間程度時間を作っていました。

例えば3,000文字の案件を受けたときは見出しの構成(1万円稼ぐためにどのくらい時間を費やしたかの部分)などを含めて3日掛かったので、トータルの作業時間は9時間ぐらいです。

3,000文字×文字単価1円=3,000円
3,000÷9時間=時給333円

この条件の仕事を4件やれば12,000円になります。
9時間×4件で36時間です。

 

最初は文字単価が0.5円の案件が混ざってくることを考えると、月に40〜50時間ぐらいで1万円は越してきますかね。

「結構時間かかるし時給換算するとやばくね」こんな風に思った人もいるでしょ。

私もそう思いました(^^;)

ですが考えてみてください。
家やスキマ時間でスマホゲームとかしてても1円も産まれません。

Webライターをやれば文章力もつくし、作業スピードや実力が上がればもっと楽に稼げるので副業でWebライターをやる価値はあるかなと。

 

実際の案件を紹介

ここからは私がやった案件のジャンルや文字数などについて紹介していきます。

 

1番最初に受かった案件は「建築業界についての記事執筆依頼」というものでした。
文字数は2000文字で文字単価は1円。手元に入ったのは1,560円。
作業時間は3時間ぐらいです。

 

私自身が未経験から施工管理になっているので、応募文に「実体験をもとにリアルな体験を書けるのでよろしくお願いします」てな感じでアピールしたところ受かりました。

クライアントさんも知識や経験ある人にお願いしたいので、そこをアピールすると受かりやすいです。知識や経験のある分野だと書きやすいので作業時間も短縮できますしね。

もう1つ案件を紹介すると

「商品紹介の記事を1記事1200文字で1契約で5記事納品」という案件をやりました。
この案件は1記事800円だったので800×5で4,000円分です。(手数料引かれると3,432円)
時間としては6時間ぐらいだったと思います。

商品紹介は売り出す部分がハッキリしているので型さえ見つければ記事は早く書けます。

 

副業で未経験からWebライターを1か月やってみた感想

副業で未経験からWebライターを1か月やってみた感想

私はブログで稼げずに悩んでいたときに「Webライターはライティングスキルを上げつつもお金を稼げる」と聞いてはじめました。

 

これはその通りだと実感しました。


ブログは書いても無条件ではお金は発生しないですが、Webライターはしっかりと納品すれば報酬が発生します。

お金が稼げるというのはモチベーションが続きやすいです。

 

おすすめなやり方としてはWebライターでお金をもらいつつ、Webライティングの経験を積んでブログに活かしていきましょう。

Webライターで培ったWebライティングの知識や経験をブログに活かして相乗効果でさらに成長を狙えます。

両方の特徴を紹介しておきます。

 

Webライターの特徴

労働収入なので働けば働いた分だけ稼げます。確実にお金をもらえるのは利点です。
逆に働かなければ一銭も生まれません。

 

ブログの特徴

ブログは資産型なので一度書いた記事はあなたが寝ているときにもお金を生んでくれるかもしれません。ただ100記事書いたとしても稼げない可能性もあります。

iPadでブログ運営【 パソコンなくてもWord Pressをはじめよう 】

まとめ

いかがでしたでしょうか?
副業で未経験のWebライターが1か月で稼ぐためについてやってきました。

稼ぐための手順

  1. クラウドソーシングに登録する
  2. プロフィールや本人確認をする
  3. 案件を探し応募する
  4. テストライティングor記事執筆
  5. ③〜④の繰り返し

案件探しのポイント

  1. プロジェクト(固定報酬制)を選ぶ
  2. 文字単価は最初の数件は文字単価0.5円〜を選ぶ

 

上記の2つを意識して案件を繰り返していきましょう。

繰り返していけばスキルも上がっていき作業も早くなっていきます。
実力が上がれば単価も上がるし、数をこなせるようになるので稼げる額も増えていきます。
積み上げですね!

これからWebライターをやっていくのであればブログもやって相乗効果を狙うのも必須です。

お互いにWebライティングスキルを上げて自分自身の力で稼いでいきましょう。

関連記事 >>>サラリーマンが副業するならスキル系がおすすめ!【あなたの資産になる】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

シェアしてくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)