退職理由を書くときのポイント【工場からの転職時に書いた物を例に】

退職理由を書くときのポイント
【工場からの転職時に書いた物を例に】

転職しようと思うんだけど、退職理由ってなんて書けば良いんだろう

なんか退職理由書くときのポイントとかあるのかな?

こういった悩みをお持ちの過去のわたしに向けた記事です。

今回の記事を読むと

退職理由を書くときのポイントが分かります。

今回の悩みは、わたしが1年前に転職する時に悩んでたことです。

転職する時に色々と調べたので、実際に書いた文面とともに書く際のポイントも紹介し

ていきます。

結論

『ネガティブな理由をポジティブな言い方に変換する』

『理由プラスαで未来のことを書く』

この2つです!

まずは、わたしが実際に履歴書に書いたり、面接の時に使った退職理由の文面を紹介します。

『前職では10年間工場で働いていましたが、退職理由としましては子どもが出来たので

家族との時間を多く取りたかったからです。

仕事に全力で取り組みプライベートの時間もしっかり充実させたいです。

もう1つの理由は、自分で色々とやり方など考えて出来る、やりがいのある仕事に就きたいという思いからです。

誰でも良いのではなく、スキルアップして、私自身が価値のある人間になりたいです。』

少し長くなりましたが、わたしが履歴書や面接の時使っていた退職理由です。

これをもとに説明していきましょう!

ネガティブな理由をポジティブな理由に変換しよう

まず1つ目のポイントは

ネガティブな理由をポジティブな理由に変換することです。

退職理由はほとんどの方がネガティブな理由が多いと思います。

f:id:blackrai:20200216175401j:plain


ネガティブな理由
をそのまま書くよりも、ポジティブに書いた方が印象が良くなりま

す!

先ほどの退職理由を例に説明していきます

1つ目の理由は

『家族との時間を多く取りたかったから』

と書いてあります。

家族想いの良い父親のように聞こえますね!

隠れた本当の退職理由の方は

交代勤務で1週間交替の夜勤があったからです。

この生活リズムを歳をとってからもするのは、無理だと思って転職しようとなりました。

こう比べるとやはり最初の書き方の方が印象が良いですよね。

2つ目の理由も解説します!

『自分で色々とやり方など考えて出来る、やりがいのある仕事に就きたいという思いからです。』

こういった感じで書かれています!

素晴らしいポジティブな理由ですねー(^^)笑

こっちの隠れた本当の理由は

『工場が単純作業でつまらなかったから』です。

どうですか?

こちらも全然印象が変わりますよね!

なので、退職理由はネガティブな理由をポジティブな理由に変換して書きましょう。

f:id:blackrai:20200216175428j:plain

ありがちな退職理由ポジティブに変換してみた

  • 職場の人間関係が嫌だった→チームでなにか成果を出したり、助け合える職場で働きたい。
  • 給料が安い→努力や実績を評価してくれる会社で頑張って働きたい。
  • 遠くて通勤が辛い→通勤にあてる時間や労力を仕事のためや自己研鑽の時間に当ててスキルアップしたい。

こういった感じですかね。

あなたの退職理由を自分なりにポジティブな言い方に変換してみましょう!

 理由プラスαで未来のことを書く

f:id:blackrai:20200216175651j:plain

 

退職理由をポジティブな言葉に変換したら次は

退職理由の後に次の会社ではどのようになりたいのかを書きましょう!わたしの例で行くと

『仕事に全力で取り組みプライベートも充実させたいです。』

『スキルアップして、私自身が価値のある人間になりたいです。』ここの部分です。

退職理由だけではなく、このプラスαの部分は必ず入れましょう!

未来のことをプラスαで書く効果

退職理由の後に

未来のことをプラスαで書く効果として

採用する側が

  • この人はどのように職場で働いてくれる人なのか
  • この人はどういう思いを持っている人なのか

イメージできるからです!

例えば

f:id:blackrai:20200216175723j:plain

通販番組とかでもそうですが、ダイエット用品だったら

基本的なスペックとか紹介しつつ

ビフォーとアフターで、お腹周りとかの写真が出て来ますよね?

あれも『この商品を買うとあなたにこんなに素晴らしい未来が来ますよ』とセールスし

ている訳です!

これと同じで退職理由に未来のことを書くことで

採用した側に

『わたしはあなたのところでこのように働きますよ』とイメージさせてアピールするの

です!

まとめ

退職理由を書くときのポイントについて今日は書いてきました!

『ネガティブな理由をポジティブな言い方に変換する』

『理由プラスαで未来のことを書く』

この2つがポイントです!

退職理由の書き方で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)