施工管理の労働時間や休日について 果たして実際ブラックなのか?

どーもー!

ブラックリーマンライです( ˆoˆ )/

f:id:blackrai:20200113002243j:plain

今日のテーマにいってみましょう!!

今日のテーマは

施工管理の労働時間と休日についてです

f:id:blackrai:20200113002155j:plain

もうのっけからほとんど答え出ているような感じですが(笑)

先に結論を言いますと

激務というほどではない!と思います

分かりやすく先月の大体の残業時間言っちゃうと40時間ぐらいでした。

そこに休日出勤が1日、2日ある感じです。

人によって感じ方は色々だと思いますが

ネットで言われるほど激務ではないと思います。

ゼネコンと呼ばれる所の施工管理だったり

内装の監督など多くの工程を管理する方はもっと多いかもしれません。

あくまで私の場合です。

管工事の施工管理 大体の1日の流れ

・8:00 〜現場の鍵を開ける

・8:30 〜準備の終わった職人さんに1日の流れを説明

・10:00 〜休憩 ここの休憩は忙しくなければ20分ぐらいお喋りしてます

・12:00 〜お昼 職人さんのお昼寝はとても大事なので邪魔しないように

・13:00〜午後の作業開始

基本的に途中で指示出しつつやる事なければ現場の片付けや作業観察

・15:00〜休憩

・17:00 作業終了……と行きたい所だが大体終わらない

事務所作業がある時は任せて出ることもある

・18:00 この辺で作業終了が多い

・19:00〜20:00ぐらいで帰宅が多い

ひどい日は

6:00出社の22:00帰宅とかもあります

うん、ブラックだ。

暇な時期は9時出社で18時帰宅

ここのところはこれが多いが

これから忙しくなるため前者が増えそう( ˆoˆ )/

ただ、施工管理は色々な手配をしたり

職人さんへの指示が的確であれば

現場は円滑に回るため

早く帰ったりうまく時間を確保することも出来ます。

自分の能力次第で

労働時間も変わってくると思います

施工管理のとある1週間【Part 1】やっぱブラック?

施工管理のとある1週間 過酷?ブラック?【Part 2】

1週間の流れについてこの2つの記事で書いています。

施工管理の休日

一応会社カレンダーはあるが

現場の状況によりけりなので

休日に現場が重なってしまうと

10何連勤とかは普通にありえます。

その際に振替や有休消化を使わせてもらえるかは

会社によってなのでしっかりと確認しておきたいですね。

まとめ

イメージ通り施工管理はやることが多いため

労働時間や休日出勤は多めです。

ただ、働き方改革の影響もあり

ヤバいほど激務ではないというのが

転職してからここまでのイメージです。

そして自分の現場でもあるため

責任感があるためそこまで苦にはなってはいません。

今現在施工管理で働くものの意見として参考にしてください。

施工管理は自分の能力次第では

労働時間も減らすことができるため

自分次第というところではやる気も出ると思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)