当サイトイチ押し「グロービス学び放題」の紹介記事はコチラ」

【独学】31歳未経験からWeb制作にチャレンジ!1か月目にした事とやってみた心境は?

どーも。ライです!

僕はこれまで、副業としてこのブログを運営しており、実際に使ったオンライン学習サービスや、社会人からの自己研鑽・勉強について紹介してきました。

それこそ四六時中ブログのことばかり考えていて、時には奥さまのご機嫌をそこねるほどの熱中ぶり(^_^;)

そんな僕が、2021年4月からなぜ急に「プログラミング(Web制作)」をやり出したのかっていう理由は、個人的すぎるので後半でお話ししますね。

とまぁ、ここらへんで自分語りはやめまして、今回の記事は

  • これからプログラミングをはじめる人
  • 現在学びはじめたばかりで、周りはどんな風に勉強しているのか気になる人
  • 初心者が勉強で苦しんでるのを見るのが楽しい人(笑)

こんな人たちに少しだけでも役に立ちそうな「プログラミング学習1か月目の経験談」をお話ししようかなと思います。

ぜひ、ちょっとした暇つぶしに読んでやってください。

それでは本題へいきましょう!

プログラミングを学ぶなら「独学?」「プログラミングスクール?」

プログラミングを学ぶって聞くと、あなたは真っ先になにが思い浮かびますか?

独学でいいの?それともプログラミングスクールに通うべき?

きっとこんな疑問を持つことでしょう。

僕は、まずは独学からでOKだと思います!

理由としては、プログラミングを楽しめるかどうかは、やってみないとわからないからです。

楽しく続けられるかわからないものに、いきなりうん十万って金額使うのはギャンブルとしか言いようがないかなと。

「プログラミング 勉強方法」とかで検索してブログ記事で、プログラミングスクールをおすすめされているのは見たことありますよね。

本当におすすめだと思っている人も中にはいるとは思います。が、しかし!!

大半はアフィリエイトという広告報酬が目当てです。

カモ一歩手前さん

アフィリエイト?なにそれ?美味しいの?

って人は、以下の記事で説明してるので、サクッと読んで戻ってきてください。

絶対戻ってきてくださいよー!

少し話は逸れましたが、そもそも1歳7か月の天使のパパ & 比較的本業がハードなので、僕にスクールはムリ。

しかも、金額的に奥さまを説得できる気がしないので、独学一択でした。

この記事を読んでくれているあなたが、超絶熱量があったり、理解のある奥さまをお持ちなのであれば、スクールも検討の余地はあります。

ただし、1〜2か月は独学するべきです。

なぜなら、前提知識がないと質問する機会がムダになってしまうからです。

もしも、プログラミングスクールに行くとしても、基礎知識程度は身につけてからスクールに通うべきかなと。

ライ

最初は独学で十分だと思います。

僕が独学でも稼げるってことを証明するので、見ててくださいね!

プログラミング初心者がこの1か月でやったこと

ここからはプログラミング学習1か月目にした学習の流れを紹介します。

前提として、僕は2度プログラミングを挫折していて、そのときにProgateの中級編までは1周してました。

使っているパソコンはWindowsです。

Web制作で稼ぐことを目的に学習しています。

アプリ開発などに進もうかなと思っている人には参考にならないと思うので、別のブログを参考にしてください。

さ!それではここからは、僕がプログラミング学習1か月目にやったことを紹介します。

プログラミング学習1か月目にやったこと
  1. ドットインストール(有料会員)で9日間
  2. Udemyの【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編) を購入
  3. 「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」を購入
  4. クリスタさんで写経&模写コーディング
  5. jQueryやSassを学ぶためにProgateの有料会員登録
  6. CodeStepを使って、デザインカンプからのコーディング練習

1か月目を終えての実力はだいたいこんな感じです。

今回紹介したことをやってもらえればこのぐらいなら行けるかなと。

つぎはサイトにアップロードして動かせるサイトを公開しますね!

実際に作ったサイトのキャプチャ

王道のドットインストールから

まずは、ドットインストール(有料会員)で9日間(HTML/CSS)学びました!

やり方としては画面を止めながら実際にパソコンにコードを打ち込んでいきましょう!

学んだ講座は以下のとおり。

  • HTML/CSSの学習環境を整えよう [Windows版]
  • はじめてのHTML
  • 詳解HTML 基礎文法編
  • 詳解HTML フォーム部品編
  • はじめてのCSS
  • 詳解CSS 基礎文法編
  • 詳解CSS セレクター編
  • 詳解CSS アニメーション編
  • 詳解CSS レスポンシブデザイン編
  • 詳解CSS グリッドレイアウト編
  • 詳解CSS 変数編
  • 実践!アプリ紹介ページを作ろう

この辺をやっておけば、なんとなーく理解出来はじめられるかな~ってところです。

まったくの完全初心者であれば、Progateからはじめたほうが説明等がわかりやすいかなと思います。

ちなみに、独学=無料だけで学ぶってわけではなく、ちょっとした教材や、プロゲートの有料会員とかにはどんどんお金を使いましょう。

本も2,000円ぐらいですし、有料会員も月額1,000円ちょいです。

ここでの先行投資を渋る人は成長スピード遅くなってしまうので、多少の先行投資は必要だと思っておきましょう。

Udemyの教材を買うも…タイミングが早すぎた

そのあとにUdemyの【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編) って教材を購入して学びはじめたが、このタイミングでは買う必要はなかったです。

もう少し基礎を理解してれば良い教材になりそうなので、2か月目、3か月目の人にとっては最高の教材かなと。

まだ1か月目のレベルだと「ちょっと何言ってるかわかんない」ってサンドウィッチマン状態でした。

動画学習フリークスの僕が「書籍」で学びはじめる

いろいろな人がおすすめしている「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」を購入しました。

Progateかドットインストールを終えたら、とりあえずこの本を買っておけば間違いないかなと。

読みながら実際に手を動かしておしゃれなサイトを1つ作れます。

一通りの流れが学べるので、模写コーディングをはじめる前にちょうどいいですよ。

模写コーディング開始!むずい!

本で1つサイトを作った後に、クリスタさんのはじめてのコーディングを模写開始しました。

模写は意味ない。デザインカンプからやろう。みたいな意見をチラホラ見かけて「えーどっちなのよ〜」みたいなのはあるあるですよね。

模写=サイトや検証ツールを見てサイトを作っていくこと。

デザインカンプからのコーディング=XD(Adobe)やFigmaといったデザインツールの情報をもとにサイト作成をしていくこと。

僕の考えとしてはまず模写。むしろ、ソースコードを書き写す「写経」からでも良いくらいだと思ってます。

ライ

小学生のころに字をうまくするために、透ける紙で見本の文字書き写すやつをやりませんでした?

アレと一緒です。

まずは真似るところから、トレースするところからでOKです。

プログラミング初心者が気をつけたほうがいいと思ったポイント

実際に1か月間プログラミング学習をしてみて「コレはちょっと危険じゃないかな~」って思うことを3つお伝えします。

ブログを1年以上続けて、あらためてプログラミング初心者として学びはじめてみると、危険なポイントに気づきやすくなってきます。

そんな経験と初心者の立場で気づいたことを共有しますね。

プログラミング初心者が注意するポイント
  1. Progateはやりすぎない
  2. 完ぺきに暗記しようとしない
  3. 他人の意見を気にしすぎない

Progateの周回はダメ!ゼッタイ!

Progateの周回は勉強した気になるだけで効果が薄いので、1週したらすぐに本なり、ドットインストールで、実際に環境を作って自分でエディタを使ってコードを書きはじめましょう!

その方がよっぽど楽しいし、基礎知識が身につくスピードが早いです。

野球だったらティーバッティングで飛ばして気持ち良くなってるのと一緒です。

試合でピッチャーから打つのが目標なのに、下から投げてくれて打ちやすい玉をいつまでも打っててもあまり意味がありませんよね。

ライ

周回すればするほど、その後のギャップに心が折られる可能性が上がってしまいます。

暗記なんてどうせできない

どうせ覚え切れないので暗記しよう!よりも理解しよう!って心持ちの方が良さげです。

わからないところがあっても、Googleで「CSS 横並び できない」みたいな感じで調べるだけで、お悩み解決してくれる記事がわんさか出てきます。

なので、困ってから調べればOKです。

ライ

テストとちがってカンニングNG ではないので、「暗記」よりも「理解」でいきましょう!

甘い言葉に騙されるな!

Twitterにはいろんな意見がありすぎて、全部参考にしてたら足が動かなくなります。

基本的にモチベーションが上がるような「キレイ」で「甘い言葉」を発信してる人には要注意です。

甘い言葉でやる気にさせて、自分の有料教材や、ブログからアフィリエイトでの収益を狙っているだけの可能性があるので。

たとえばさっき僕がやった本の紹介とかがそうですね。

↓下のリンクから買ってもらえると、僕に数十円がチャリンと入る感じです。

まぁ本気でおすすめのものしか僕は紹介しません。まぁだまそうとしてる人も同じことを言いますけどね(^_^;)

そこに関しては信じてくださいとしか言えませんが。

アフィリエイトについてもう少しくわしく知りたいって人は先ほども紹介したコチラの記事の方がわかりやすいです。

甘い言葉で駆け出しの方を狙う「良い人のフリした情弱狩りさん」はどの界隈にもいるのでご注意を。

ブログからの方向転換の理由をぶっちゃけます

ここまで読んでくださった方はそこそこ興味を持ってくださってるってことで、僕がブログからWeb制作に方向転換した理由をお話しします。

理由は2つ。

  • メインの案件が終了したことで、ブログの方向性を変えざるを得なくなったから
  • もともと興味のあったプログラミングに再チャレンジしたくなった

メインの案件が終了したことで、ブログの方向性を変えざるを得なくなった

まず本題に入る前にお伝えしたいのは、あなたがブログを運営されているのであれば、メインの案件は2〜3個持っておいた方がいいってことです。

このブログ「ぷろぷら」ではスキルアップするために、おすすめの動画学習サービスをメインに紹介してきました。

検索からの流入のみで月2万円の収益化にも成功。

「こっからやー!」と思っていたところでメイン案件が広告出稿終了…

この案件は、2万円のうち9割以上を占めていたサービスDEATH。

僕のプランは大崩れ。まぁもともとの戦略としてメインの案件と心中する設計になっていたので仕方がありません。

メインの案件がなくなっても、ふつうにアフィリエイトは続けられるんですが、ポキッと心が折れました。

転職記事とか書こうにも、1から記事を積み上げることがとてつもなく大変で、楽しくなさそうなことに感じてしまったのです。

こんな風にならないように、今ブログをがんばっている人は案件についても今一度考えてみてください。

今は亡きアフィリエイターライの最期の言葉です。

もともと興味のあったプログラミングに再チャレンジしたくなった

心は折られましたが、なにもせずにダラダラと過ごすことのできない体になってしまいました。

なので、これまでブログと並行しながら2度挑戦してきた、「プログラミング(Web制作)」での副業にチャレンジ!

いつもは結局はブログに時間を使ってしまい挫折してました。

今回はあのときと違ってガッツリとプログラミングに舵を切ることにしたら、1か月は続けることができました。

改めて思うのは、いろいろなものを同時進行で進めるのはむずかしいってこと

もしも、あなたがいま何かに挑戦してるのであれば、まずは1つに絞ることが結果を出すための有効手段かもしれません。

【結論】新しいことにチャレンジするのは楽しい!!

ここまでいろいろと言ってきましたが、プログラミングを1か月学んでみての結論は「新しいことを学び、チャレンジするのは楽しい!」ってことです。

「ブログはオワコン」「Web制作はオワコン」

こんな風な言葉を聞いて、二の足を踏んだり、自分の選んだ道を信じきれずにいる人もいるかも知れません。

僕の考えとしては、先のことなんてわからないんだから「スキルが身につく&楽しくて続きそうと思えること」を愚直に継続すれば良いのかなって思います。

オワコンと言われているブログでも、月数万円なら1年以上一緒に頑張っている仲間たちはどんどん稼いでますからね。

「好きこそものの上手なれ」です。好きなことを愚直に毎日続けましょう!

それではまたべつの記事で会えることを楽しみしています!

Twitterもやっています。ぜひ一緒に切磋琢磨していきましょう!

ツイートを見に行く

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ライでした。ではまた!

シェアしていただけると励みになります!