【初心者向け】Webライターにおすすめのクラウドソーシング5つ

ライ
この記事は

  • クライアントソーシングを使いたいんだけど、どこに登録しようかな
  • それぞれのサービスの特徴を知りたい

このような方に向けた記事です。

この記事を読むと
  • Webライターへのクラウドソーシングのおすすめがわかる
  • 各サービスの特徴がわかる
  • 各サービスをおすすめする人がわかる

今回の記事を読んで、おすすめするクラウドソーシングサービスに登録して、どんどん案件を受けて稼げるWebライターになりましょう

Webライターにおすすめのクラウドソーシング 5つ

Webライターにおすすめのクラウドソーシング 5つ

Webライターにおすすめのクラウドソーシングはこの5つです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス
  • ist(イスト)
  • ココナラ

簡単に表にまとめました。

案件数 手数料 使いやすさ
クラウドワークス 業界トップ 20%
ランサーズ 豊富 20%
サグーワークス 豊富(単価安い) なし
ist(イスト) 少ない 10%
ココナラ 自分で出品 25%

この中からメインのサイト1つと、サブのサイトを2つ登録します。

メインとサブのクラウドソーシングを、なぜ使い分けて持つべきなのかについて説明していきます。

メインとサブのクラウドソーシングを使い分ける理由

メインとサブのクラウドソーシングを使い分ける理由

メインとサブでクラウドソーシングサイトを使い分けるのには2つの理由があります。

  1. 評価を上げて受注をしやすくする
  2. 案件がない状態を作らない

1つずつ深掘りしていきましょう。

その1  評価を上げて受注しやすくする

1つ目の理由は、メインのサイトを1つに決めることで、実績や評価が分散せずに積み上がり、仕事を受注しやすくなります。

実績があるとクライアントから信用されやすいからです。

例えば、あなたがどこかお店でお昼ご飯を食べるとします。口コミサイトを見て探した時に、どちらのお店に行くか考えてみてください。

A店・・・口コミ件数0件のお店

B店・・・口コミ件数10件で星3.5のお店

外したくなければ、後者を選びますよね。

このように他者からの評価がついていると、人は信用します。

なので、メインのサイトを1つに決めて、実績と評価を積み上げましょう!

その2 案件がない状態を作らない

2つ目の理由は、案件がない状態を作らないようにするためです。

Webライターは、当たり前ですが、記事を作ることで報酬が発生します。

1つのサイトだけで案件を探していると、書けるものがないときがあります。そうすると、待ちの時間ができてしまいます。

案件がなく、なにも書くものがないと報酬が発生しません。

得意分野でなければ、案件はあるかもしれませんが、リサーチにも時間がかかるので、できれば得意分野で探したいところです。

そんな時に、サブのサイトが2つあれば、そっちでも得意分野の案件を探すことができます。

あなたのWebライターとしての価値も、専門的な分野があった方が高いので、得意分野に絞って案件を探すことは一石二鳥です。いや、一石三鳥、四鳥ぐらいです。

なので、案件がない状態は作らないようにするためにサブのサイトにも登録しときましょう!

それでは、メインにおすすめするクラウドワークスについて詳しく解説していきます!

メインのクラウドソーシングは クラウドワークス がおすすめ

メインのクラウドソーシングはクラウドワークスがおすすめ

公式サイトより引用

メインのクラウドソーシングは『クラウドワークス』を使いましょう!

クラウドワークスをメインに選ぶ理由は2つです。

  1. 案件数が豊富
  2. 使いやすい

ひとつずつ深掘りしましょう。

その1  案件数が豊富

1つ目の理由は、案件数が圧倒的に豊富だからです。

案件数が豊富であれば、あなたの書きやすい案件に出会える確率が上がりますし、単価を比べて案件を選ぶこともできます。

案件が少なくて、あなたの全然知らないジャンルの記事しかなければ、イヤでもその案件をやるしかないですよね。興味のないジャンルを調べるのはなかなかつらいです。

書きやすいジャンルを選べるだけの案件が、クラウドワークスにはありますよ!

最近はよくCMも見ますし、これからも案件は増えていくでしょう。

もちろん高単価の案件もあるので、継続して実績や経験を積み上げていけば、大きく稼ぐことも可能です!

案件数が豊富

▲記事作成のジャンルのプロジェクトに少し絞っても450件もの案件があります。

その2  使いやすい

2つ目の理由は、単純に1番使いやすいからです。

Webライターは「記事を書くだけ」と思われがちですが、案件探しからメッセージのやりとりまでと、色々とサービスに触れる機会が多いです。

そのときに使い勝手で気になるところがあると、小さいこととはいえストレスになります。

クラウドワークスではブラウザでの操作はもちろん、スマホアプリがめちゃくちゃ使いやすいです。

案件探しもクライアントさんとのメッセージのやりとりもアプリ内でできます。

スキマ時間も副業に使えるので捗りますよ。

断トツで1番使いやすいクラウドワークスをメインにしましょう!

\無料会員登録/

関連記事>>>クラウドワークスの評判や口コミ【利用者が語る】

メインが決まったので次はサブを選んでいきます。

サブのクラウドソーシングとしておすすめのサイト

サブのクラウドソーシングとして、ランサーズは確実に登録しましょう。

もう1つのサブは以下の3つから、それぞれの特徴を見て、あなたに合ったものを決めていきましょう。

  • サグーワークス
  • ist(イスト)
  • ココナラ

 メインで使ってもいいレベルの  ランサーズ

メインで使ってもいいレベルのランサーズ

公式サイトより引用

ランサーズはぶっちゃけメインでも使えるレベルです。

クラウドソーシングを紹介するいろいろなサイトで、「クラウドワークス」「ランサーズ」どっちが良いの?と比べられるレベルの良サイトです!

私が使った感想も同じです。
ただ、スマホで使いにくいので、スキマ時間に作業することに向いていません。

ちょっとしたときに案件を探したり、メッセージを送ったりできないのがマイナスポイントです。

ですが、案件数が豊富で高単価案件も多くあるので、確実に使いたいサイトであるのは間違いないです!

登録して実際に使ってみて、あなたに合うようであればランサーズをメインにしても問題なしです!

『クラウドワークス』と『ランサーズ』この2つはやはり鉄板で、Webライターとして稼いでいる人のほとんどの人が使っています!

関連記事>>>【Webライター視点】ランサーズの評判や口コミについて【利用者が語る】

\無料会員登録/

ここからは残りの以下の3サイトからあなたに合ったものを1つを選んでいきましょう。

基本的にクラウドワークスとランサーズを使っていくので、あなたが興味が湧いたサイトを選んで問題ないですよ。

  • サグーワークス
  • ist(イスト)
  • ココナラ

決められたことをしっかり守れる人におすすめ:   サグーワークス

見められたことをしっかり守れる人におすすめ

公式サイトより引用

サグーワークス記事の執筆ルールや承認条件が他のサイトより少し厳しいので、しっかりと執筆ルールを守れる人におすすめです!

ただ、承認に時間が掛かってしまったり、修正が多かったりするので、その分時間も手間もかかるという口コミもあります。

考え方によっては、自分の記事のフィードバックをもらえるので、書き方について学びたい初心者さんにも向いています。

サグーワークスの最大の特徴は「プラチナライターテスト」というものがあります。このテストに受かると「プラチナライター」となり、実力が証明されて高単価案件が受けやすくなるので稼げます!

ライ
テストは無料で受けれますよ!

サグーワークスの特徴やTwitterでの評判・口コミ【現役利用者が語る】

\無料会員登録/

信用できるクライアントさんと仕事がしたい人におすすめ:  ist(イスト)

信用できるクライアントさんと仕事がしたい人におすすめ

公式サイトより引用

ist(イスト)信用できるクライアントさんと仕事がしたい人におすすめです!

ist(イスト)は発注者、受注者限らず、登録者全員に本人確認NDA締結をするので、クライアントさんのことを信用できます。

NDA(秘密保持契約)とは?

NDA(秘密保持契約)とは、お仕事の契約後のやり取りによってお互いが知り得た秘密情報を他者に漏らさないことを定める契約です。

公式サイトより

ライ
安心して利用することができますね!

ist(イスト)は手数料も安いです。

他の大手では大体20%ほど取られますが、ist(イスト)であれば10%です。

これは意外とでかいです。チリも積もれば山となるですね。

デメリットとしては2019年8月にオープンしたサイトなので、まだ日が浅く案件が少ないのがデメリットです。

サブとして登録して、ちょいちょい案件を確認するようにしましょう。

ライ
個人的には1番伸びてほしいサイトです。

ist(イスト)の特徴や現利用者の率直な感想【これからに期待】

\無料会員登録/

案件探しに時間を取られたくない人におすすめ: ココナラ

案件探しの時間を取りたくない人におすすめ

公式サイトより引用

ココナラはここまで紹介してきた商品とは形式が違って、自分で案件を探すのではなく、自分から条件を提示して、応募が来るのを待つ。というスタイルです。

例えば、「〜〜というジャンルについて1文字1円でWebライティングのお仕事承ります!」
と書いて出品しておき、興味を持った方からの連絡を待つっていう感じです。

1度出品してしまえば、自分から案件を探さなくて良いのがメリットですね。

デメリットとしては、実績がなにもないうちはなかなか興味を持ってもらえません。

実績を積んでいくことが大切なので、初心者のうちは安さや速さを売り出して実績や経験を積み上げましょう!

\無料会員登録/

【初心者向け】Webライターにおすすめのクラウドソーシング5つ
まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事を振り返りましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス
  • ist(イスト)
  • ココナラ

この中から

  1. クラウドワークスをメインに使う
  2. サブサイトとしてランサーズを使う
  3. もう1つのサブサイトを残りの3つからあなたに合ったものを選ぶ

こんな感じでメインを1つ、サブサイトを2つ登録していきましょう!

クラウドソーシングを登録することは、Webライターとしてのまず一歩です!

この記事があなたの一歩を踏み出すお手伝いができればうれしい限りです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事>>>【1からはじめる】副業Webライターで稼ぐ手順を徹底解説

シェアしてくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)